Skip to content →

今日でなくてはならないキャッシング

今すぐ必要なキャッシングなら消費者金融、そう考えているのであれば半分正解半分間違いといったところでしょう。
確かに消費者金融は審査も素早く即日融資が可能です。
しかしまた銀行カードローンでも即日融資が可能です。
ただしいずれの場合でも自動契約機を利用した時に限る、と考えておきましょう。
インターネット申し込みでも即日融資には対応しています。
その時には必要書類を提出するには時間がかかるものです。
専用アプリをダウンロードして必要書類を撮影し送信する、もしくはFAXから送信する。
こちら側から送信ができても銀行や消費者金融側で確認して受理するには少々の時間がかかります。
少々であれば問題ないと思われるかもしれませんが、即日融資を希望している以上、一分一秒を争うものです。
またインターネット申し込みと契約で気にしなくてはならないのは振込キャッシングの時間です。
通常振込キャッシングは平日の15時よりも少し前までには手続きを完了させていなくてはなりません。
銀行の営業時間に準じる振込キャッシング対応時間になっていますのでインターネット申し込みが24時間受付をしているとしてもそれが即日融資可能時間とは違うということです。
インターネット申し込みで即日融資を考えるときには審査対応時間ではなく振込キャッシング対応時間を気にしなくてはなりません。
自動契約機であればその場ですべてが完了します。
申し込み、審査、契約、カード発行と借り入れ、その一連の流れが地頭契約機の中だけで完結するものであり現在のカードローンの中では即日融資の可能性が最も高い方法です。
消費者金融も大手であれば必ず自動契約機が全国に設置されています。
アイフル、プロミス、アコムは自動契約機があります。
銀行カードローンでは、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、三井住友銀行カードローン、新生銀行カードローンのレイクが自動契約機を持っています。
自動契約機は営業時間が長く用意されています。
年中無休であり、消費者金融なら夜遅く20時や21時までは営業をしています。
銀行カードローンの自動契約機でも銀行窓口の営業時間よりも長く営業がされています。
即日融資を希望するならば自動契約機が最も可能性が高い、それがお判りになったでしょう。
ここで自動契約機の申し込みの流れを確認しておきましょう。
1. 申し込み書類に記入をする
2. 審査が始まる
3. 審査中はタッチパネルに利用の案内が流れる
4. 審査完了、融資限度額の表示
5. 契約
6. カード発行
7. 併設されているATMからの借り入れ
実はより時間を短縮するために1の申込書類に記入をする項目から3の審査中までの項目を自動契約機外で行うことができます。
インターネット申し込みです。
申し込みと契約は別手続きとして考えましょう。
申し込みから審査結果が伝えられるまでが1段階です。
契約から借り入れまでが2段階めです。
簡単にいえば融資限度額の結果に納得ができなかった時には契約をする必要はありません。
申し込みをしたからと言って必ずしも契約をしなければならないわけではありません。
申し込みから審査結果を伝えられるまで、これをインターネットから行うことができます。
インターネットであれば銀行カードローンでも審査は最短30分です。
可決という審査結果がわかれば自動契約機に向かうことが無駄足にはならないはずです。
逆に自動契約機の申し込みで審査が否決となれば別の借り入れ先を探すでしょう。
あちらこちらに向かっている時間はないはずです。
即日融資をするときにはどのようなポイントに気をつけるべきなのか確認しましょう。
・自動契約機からの申し込み
・必要書類を持参する
・インターネット申し込みの審査を活用する
銀行カードローンでも即日融資は難しいことではありません。
消費者金融と同程度のチャンスがあるものです。
返済する期間を考えても金利は少しでも低い方が安心になるはずです。

関連記事

Published in お金

Comments are closed.